バイクのバリアフリー化を願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

話題のアレ、はいりました。

 

 

 

 

 

 

 

NC700Xが、ちいさく見える。

 


 

 

 

 

 

バイクと人間との比率が、なんかおかしい。

 


 

(スクリーンのてっぺん高さ ≒ わたしの身長)

 

 

 

 

 

 

もしわたしが運転したら、

無人のバイクが向かってくるように見えるだろう。

 


 

 

 

 

てんちょ~が跨ると、なんともちょうどいいサイズ感。

 


 

(憎たらしささえ、感じられる)

 

 

 

 

 

お客さまたちが、群がる。

 


 

(おひとつどうですか?)

 

 

 

 

 

 

そんなバイク、はじめました。

 

CRF1000L 通称『アフリカツイン』

 

 

 

 

 

一見の価値アリ。

 

珍しいもの見たさ大歓迎。

 

ぜひひやかしに見に来て頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

「バイクもバリアフリー化をするべきだ。」

 

どのバイクも、身長150cmぐらいから乗れるように設計すれば、

もっと売れるのでは無いかとさえ思う(ーωー)

 

 

 

 

シート高も車両特性のひとつ。

そういうバイクにはそういうバイクの違った楽しみがあるからね…

 

って夫は言うけど。

 

 

 

その楽しみを味わえるのは、

限られたごく一部の人だけじゃね~かよぅ(ノ_・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チケット当店でも販売中です。

モーターサイクルショーってどんなところ?

 

いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログへ

 

 

 

次の記事へ                           前の記事へ

 

 

当店ブログ一覧へ

 

当店Facebookページへ

 

当店ホームページのトップへ 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    GROM辻 (金曜日, 19 2月 2016 21:33)

    > てんちょ~が跨ると、なんともちょうどいいサイズ感

    だってこれ基本的にヨーロッパ人向けやしw
    てんちょ〜デカイからなw
    ちょっとディスったろか・・・
    てんちょ〜はアルプスローダーは似合うけど、SSはツラいで〜
    特に600ccのSSはムリやろな。
    体が折り曲がって「もういやや〜あちこち痛い」って言うでたぶんw

    > お客さまたちが、群がる。

    おっさんホイホイwwwww
    私も、もし今明石に居たら開店前のパチンコ屋みたいに前で待ってますw

    > どのバイクも、身長150cmぐらいから乗れるように設計すれば、もっと売れるのでは無いかとさえ思う(ーωー)

    そやからスポスタの883とか1200がばかスカ売れてますやんかwww
    ・身長150cmちょっとでも乗れるシート高。
    ・どうやって立ちゴケするねん?というくらい低い重心。
    ・コケたとしても、女の子でもハンドル持ってエイッってやると、
     起き上がり小法師みたいにアホみたいに簡単に起きる。
    ・実はすさまじいハンドル切れ角でむちゃくちゃ小回りがきく。
    ・お洒落な店内とファッショングッズ、そしてあくまでジェントルで笑顔のスタッフ。
    ・「ハーレーを買うということはバイクを買うことではない。HD教に入信するということ」

    脱線した・・・ orz

    日本のプレスも動画を上げ始めました。
    https://www.youtube.com/watch?v=wMmShk1lJ9M
    https://www.youtube.com/watch?v=PMvKKFng4Rs

    なんとあの朝日新聞さえも記事動画をうpしたというwww
    https://www.youtube.com/watch?v=yQimxWeZy3w

    皆様、次はコレですからね (・∀・)
    https://www.youtube.com/watch?v=xV7WZnDbivk

  • #2

    ジョン (土曜日, 20 2月 2016 17:28)


    GROM辻さま

    >特に600ccのSSはムリやろな。
    体が折り曲がって「もういやや〜あちこち痛い」って言うでたぶんw

    たしかにキツそうですね!
    今度、機会があれば跨っている写真を撮って検証してみましょう(^-^)/

    >そやからスポスタの883とか1200がばかスカ売れてますやんか
    そやから『どのバイクも』そうなることを願うのです( ;´Д`)

    たとえば

    足つきが良いフルサイズのオフロードバイク

    足つきが良いCB1300

    足つきが良いアフリカツイン


    ……


    無茶な願いでしたね(;^_^A



    とにかくアフリカツインの注目度の高さすごいですね(*^_^*)
    これで全く売れなかったりして…

  • #3

    GROM辻 (土曜日, 20 2月 2016 19:36)

    > 足つきが良いフルサイズのオフロードバイク
    > 足つきが良いCB1300
    > 足つきが良いアフリカツイン

    できないことはないです。
    でも、ジョン、例えばCB1300のカタログの写真見ながら考えてみて。
    ぐっとシートをアンコ抜きしてえぐらないとダメですよね。
    後輪も足つきを良くするために小さくしちゃえ。
    あ、でもこうするとポジションがおかしくなるからハンドルを手前に伸ばして絞らないとダメ。

    そうすると出来上がったバイクは??・・・・・・・ アメリカンwww

  • #4

    GROM辻 (土曜日, 20 2月 2016 20:12)

    > とにかくアフリカツインの注目度の高さすごいですね(*^_^*)
    > これで全く売れなかったりして…

    ジョン、身も蓋もないですが、アフリカツインは日本では売れません(予言)。
    なぜかというと、走るところがないし、一般人にはオフ車は人気がないから。

    NC750XやVFR800と根本的に違うところは、この2車のメインフィールドはあくまでオンロードで「やろうと思えば林道も走れる(かもしれない)」のに対して、アフリカツインはストイックにオフロード走行を前提とした設計になっていることです。
    (スポークホイールとチューブタイヤ、転倒で破損する箇所は容易に交換できるプラスチックパーツ、等々)

    でも日本の林道はどんな状態かというと、細く・狭く・荒れていて、場合によっては突然の通行止めでUターンしなければならない。
    200kg以上ある、重心が高くて足つきの悪いでっかいオフ車をこんなところに持ち込むのはなかなか心臓に悪いですw
    つまり、日本の林道のベストマッチは軽く・細く・中低速重視であるバイク、つまり250ccオフ車がベストマッチと言われてます。250ccなら林道に到達するまでの高速も乗れますしね。
    (けもの道レベルに行く超ベテランはセローを選ぶというw)

    じゃあダメなのか?
    そんなことはありません。
    考えてもみて、日本の公道でメガスポーツやSSが必要ですか?
    それこそ「走る場所がない」www
    でも、ほとんど人の身では制御できないパワーを秘めたマシンを所有した喜びと、わくわくしながらそれを眺めたり走らせるのもバイクという趣味の醍醐味だと思うんですね。
    日本では北海道以外ではもったいない性能のアルプスローダーを、パリ・ダカールラリー気分を味わったり、ドイツからイタリアへの旅に思いを馳せたりしながら流すのもまたいいじゃありませんか。

    私は上記の理由で、ホンダがアフリカツインを国内販売するという決定に驚きました。
    だいたいこういうモデルは海外向け専用で、日本で乗ろうとするといわゆる逆車となります。
    パリダカつながりで言うと、ヤマハのスーパーテネレ(XT1200Z)とかがそうですよね。

    ホンダという会社は、守りの姿勢で個性がないと言われていますが、時々こういう事をします。
    ホームページを見ると「なんでこんなモデルを日本で売ってるんだろう」と思うのがあります。
    (ゴールドウィングF6B/C、VFR1200X、VT1300CX、等)
    でも売れなくてもあえてラインナップを豊富にしてユーザーの夢を育てる、という姿勢のホンダという会社、なかなかのものだと思うのは私だけでしょうか。

  • #5

    ジョン (火曜日, 23 2月 2016 20:15)


    GROM辻さま

    ご返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

    バイクのバリアフリー化 = 全てのバイクのアメリカン化

    ということですね( ̄△ ̄)


    確かに、実用性だけで考えちゃうと
    『そんなバイク、どこで乗るねーん』
    となるところですね。

    でも、本当に売れるバイクだけを販売してしまうと
    バイクの世界は面白くなくなってしまいますね。

    バイクには『夢』がないとダメですね。
    自分が乗るわけじゃないかもしれないけど、
    『憧れのすごいバイクがこの世にはある』
    って大事ですね。

    そういえば、
    HONDAのうたい文句は『The Power of Dreams』だし、
    『ドリーム店』っていうくらいだし、やっぱり『夢』がキーワードなんですねぇ。


    …と思ったら、HONDAのHPにはこんなメッセージがありました。
    ↓↓↓

    私たちHondaは、一人ひとりが抱いている
    「こんなものがあったら楽しいなあ」
    「これができたら、多くの人が喜ぶだろうなあ」という
    夢や想いを大事にして、日々新しい製品の創造や技術にチャレンジしています。
    夢があるから失敗を恐れず、夢の実現へとチャレンジする
    勇気と力が湧いてきます。夢は私たちを動かす大きな力。
    Hondaは「The Power of Dreams」を原動力に、世界に新しい喜びを提案していきます。

    The Power of Dreams


    改めて、HONDAというメーカーの良さに気づかせてもらえました。
    辻さま、いつも本当に本当にありがとうございます(*^^*)