かっこよくなってた甥っ子たち

 

 

 

 

 

どーも、嫁でございます。

 

連日の投稿すみません。

 

 

ネタがいろいろ溜まってます(^^)v

 

 

 

 

 

おととい発表、きのうから発売になっております、

 

新しくなったNCシリーズをみなさまに見ていただきたくて。

 

 

 

 

 

NC750Xはこちらの4色に。

 

 

 

 

NC750Sは、こちらの3色。

 

 

旧モデルとの変更点は、

 

あれがあーなって、

これがこーなって・・・・・・

 

 

・・・・・・

 

 

 

まっ、本当に興味ある方なら、きっともうご存知だと思います(^^;)

 

メーカーサイトもどうぞ。

 

広報発表(変更点など)

 

NC750X製品ページ

 

NC750S製品ページ

 

 

 

 

嫁のモットーは、専門用語をできるだけ使わずに

 

読みやすいブログを書くことなんでね(`・ω・´)☆

 

 

 

決して、「よく分からないから」って訳じゃありませんよ!

(´д`;)

 

 

 

 

 

 

それにしても、NCきょうだい、

 

なんだか、かっこよくなったと思いますねぇ~(´▽`*)

 

 

 

 

久々に会った甥っ子たちが、

 

しばらく見ないうちに垢抜けてた・・・・・・みたいな感覚です。

 

 

 

 

 

 

「 はじめての大型 」 にも良いのではないでしょうか。

 

NCは、のんびりツーリングにはもってこいなんだそうですよ。

 

(夫の受け売り)

 

 

そういえば教習車にNCを使っているところもあるんですよね。

 

 

嫁のとこはCBだったけど、

 

今思うと、教習で乗ってみたかったなぁ~(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

2016年のHONDAは、なんだかイケそうな気がする!

 

(わたし調べ)

 

 

 

 

 

 

 

それでは失礼いたします。

 

 

 

 

 

 

いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログへ

 

 

 

次の記事へ                           前の記事へ

 

 

当店ブログ一覧へ

 

当店Facebookページへ

 

当店ホームページのトップへ 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    GROM辻 (水曜日, 27 1月 2016 15:00)

    ジョンへ

    NCシリーズの最大の売りはDCTですが、この機構について以下の質問にはい・いいえで答えなさい。

    1. DCTはDouble Clutch Transmissionの略である。
    2. DCTは四輪車のトルコンATと同様のオートマチック変速機である。
    3. DCTは四輪車のCVTと同様のオートマチック変速機である。
    4. DCTは自動変速機であるので運転者がギアを自由に選択することはできない。
    5. DCTは自動変速機であるがマニュアル車と同様にクラッチ機構を持っている。
    6. DCTはクラッチを複数持っている。
    7. DCTは四輪車でいうところのダブルクラッチと同じものである。
    8. DCTの変速タイミングは固定であるので運転者はこれに合わせる(慣れる)必要がある。
    9. DCTをマニュアルモードにしたまま減速・停止するとエンストするので注意が必要である。
    10.DCTを世界で初めて二輪車に搭載したのはホンダである。

    ちょっと簡単すぎたな・・・ (・∀・)

  • #2

    ジョン (金曜日, 29 1月 2016 12:00)


    GROM辻さま

    >ちょっと簡単すぎたな・・・ (・∀・)

    いや、もう全くちんぷんかんぷんです( ̄▽ ̄*)
    1番はい、2番いいえ・・・・・・っというかんじで夫の横で答えていたら、
    『全然違うな。』と言われてしまいました(´‐`。)

    一度体感してみたいですねー(^^*)
    クラッチ操作がないならATでよいじゃん!と思ってしまいますが、
    体感したら、DCTモードを選んでしまいそうです。
    ホンダさんすごい!

  • #3

    GROM辻 (金曜日, 29 1月 2016 15:15)

    こたえあわせ

    1. DCTはDouble Clutch Transmissionの略である。
    いいえ
    "Dual" Clutch Transmissionの略ですw

    2. DCTは四輪車のトルコンATと同様のオートマチック変速機である。
    3. DCTは四輪車のCVTと同様のオートマチック変速機である。
    いいえ
    DCTはMTと同様にクラッチを持っており、それをコンピューターで制御します。
    これは四輪車のトルクコンバーターやCVTとは全く異なった機構です。

    4. DCTは自動変速機であるので運転者がギアを自由に選択することはできない。
    いいえ
    前述のとおり、DCTはギア及びクラッチを有しており、運転者はMTモードを選択しシフトレバーを操作することによってギアを選択することが可能です。

    5. DCTは自動変速機であるがマニュアル車と同様にクラッチ機構を持っている。
    はい
    DCTの基本的な機構はマニュアルシフトと同様で、人間が行うクラッチおよび変速操作をコンピューターが行います。

    6. DCTはクラッチを複数持っている。
    はい
    DCTはクラッチを2系統持っています。
    片方が奇数段を、もう片方が偶数段を担当し、それらを交互に繋ぎ変えながら変速します。
    変速時には次のギアが待機状態にあり、これにより迅速な変速を行うことが可能になっています。

    7. DCTは四輪車でいうところのダブルクラッチと同じものである。
    いいえ(爆笑)
    四輪車のダブルクラッチとは、シンクロ機構が発達していなかった時代の、変速時(特に減速時)にギアチェンジをスムーズに行うための操作(技)の事を言います。
    (クラッチを切る-->ギアをニュートラルにする-->クラッチをつなぐ-->空ぶかしをして回転を上げる-->クラッチを切る-->ギアを変える-->クラッチをつなぐ)

    8. DCTの変速タイミングは固定であるので運転者はこれに合わせる(慣れる)必要がある。
    いいえ
    確かに当初はデフォルトの変速スケジュールが設定されていますが、第2世代のDCTは走行状態判別機能(言わば学習機能)があり、運転者のくせ(燃費志向、加速志向)を覚えてスケジュールマッピングを変更します。
    もちろんMTモードで積極的にギアを選択することによって好みの変速タイミングを得るとこができます。

    9. DCTをマニュアルモードにしたまま減速・停止するとエンストするので注意が必要である。
    いいえ(笑)
    MTモードであってもエンストしないようにエンジン回転数・速度に応じてDCTがシフトダウンします。

    10.DCTを世界で初めて二輪車に搭載したのはホンダである。
    はい、そのとおりです ヽ(^o^)丿

    ちなみに素晴らしいDCTですが、私ゃ買いません。
    なんでかっていうと、暑い、寒い、雨に濡れる、風に吹かれる、操作難しい、そして・・・コケるw、バイク乗りっていうのは基本的にドMで不便すら楽しむからです。
    「ホンダ車ってのは優等生すぎてクソつまらねえんだよ」とかおっしゃるライムグリーンのバイク乗りの「漢」もいらっしゃるくらいですからwww

    それに、あんまり便利すぎたらワシらみたいなジジイは・・・・・・・ボケるやん (*´Д`)

  • #4

    ジョン (土曜日, 30 1月 2016 10:18)


    GROM辻さま

    解答ありがとうございます。
    わかったような気になって、全然わかっていないですが。笑

    ホンダの技術がすごいっていうのは判りました。

    ちなみに夫にも『欲しいと思う?』って聞いたら
    おれはいらんかなぁ~っていう答えでしたが(^^;)
    “MTバイクってそういうもん”っていう概念を覆したところがすごいですよね。

  • #5

    GROM辻 (土曜日, 30 1月 2016 11:21)

    > おれはいらんかなぁ~っていう答えでしたが(^^;)

    ウケるわ〜www
    ちなみにこっちの営業も、さんざん人に勧めておいて、「で、あんた欲しい?」って聞いたら、
    「いや、私は必要ありませんが・・・」やてw

    なんか変なふうに締めちゃったのでフォローしておきますと、
    決してDCTに機能的な欠陥があるとか不完全な製品であるとかは断じてありません。
    名だたる辛口の評論家筋やVFR1200やNC750を買ったユーザーは口をそろえて絶賛します。
    では、あえてDCTの欠点は何かというと、

    「良すぎて便利すぎて楽すぎて他のバイクに乗れなくなる」www

    繰り返しますが、バイク乗りというものは不便や苦痛を楽しむド変態なんですw
    ですからこの素晴らしいDCTですが全車種に展開されることはないでしょう。
    アドベンチャー系に採用が進んでいるみたいですが、この種のバイクを林道に持ち込むとアクセル・クラッチワークがめちゃくちゃシビアになるのと、エンストしてコケるとこの種の重心の高い小山のようなバイクを取り回すのは大変な苦行となるからかなあ、と思います。

    まあ、個人的にはゴールドウィングにこそ必要で最適だと思います。
    CB1300も師匠曰く、「シフトチェンジなんてほとんどやらねえ(笑)」ということなので、ひょっとしたら将来設定車種ができるかもしれませんw

    あと、もう大きくなりすぎて重くなりすぎて速くなりすぎて、今や高速道路、それも阪神や首都高じゃ全然ダメで、東北、東名、中央あたりでしか乗って楽しくなくなっちゃったという、ハヤブサとZX-14R、もうコレはオートマでええやろw

  • #6

    ジョン (土曜日, 30 1月 2016 16:20)

    > おれはいらんかなぁ~っていう答えでしたが(^^;)

    エースのブログでは放送禁止だったかな・・・・・・(笑)


    でも、モードを選べるんですよね?
    それだったら、よほどクラッチ操作に疲れたときだけ、
    DCTモードにすれば良いのかなぁ・・・

    某口コミ掲示板なんかを見ていたら、ユーザーさんは
    DCTにもとても満足していらっしゃるようでしたね。

    バイクの楽しみ方も、
    時代の流れとともにどんどん多様化していくかもしれませんね(*^^*)