嫁の大型バイク教習~その6~女性の先生(^0^)

 

 

先日の定休日に、2時間続けて教習がありました。

 

この日の教習はなんと偶然、ママ友さんと一緒でした!

ママ友さんについてはこちらご参照下さい(^^)

 




私って雨女なんでしょうかね・・・・・・

しっかり降る雨の中、教習所に到着。

 

雨に濡れたコースを眺めながら・・・

 




緊張~~~~~~~(^^;)




 

 

 

この日はたくさんの教習生の方々がいらっしゃったのですが

レインウェア着ていないのは私だけ。

 

先生も心配して「着なくていいんですか?(^^;)」

って声かけてくれたけど、

 

 

『ハイ、着ません(`・ω・´)+キッパリ』


 

教習所のレインウェアはメンズのLとかばっかりで、

ただでさえ下手くそなのに身体の動きも悪くなるし・・・。

 

前回、ウエストが落ちててバイクにまたがるのも苦労したのです。

 

 

 

 

 

今回は初めての、女性の教官さんでした!(^o^*)

二輪の教官が女性の方だなんて、めっちゃカッコよくないですか!?


教習手帳を見ながら

「前回は400ccで練習したようですが・・・?」と聞かれまして、

 


『そうなんです。まだ、曲がるのがめっちゃ怖いんです(><)』

と、伝えました。

 

なので、

「少しずつ怖さを取り除いていきましょう」

と、本当にゆっくりじっくりと指導していただくことができました(;_;)

 


 

 


今回は一応、ちゃんとナナハンで(笑)

最初は『外周を回るだけ』から初めてくれました。


 

なんでもない外周ですがココだけはうまく曲がれずに膨らむんですが

回を重ねるごとにどんどん怖いスポットになって、

下手くそになっていく・・・(笑)

 

メンタルに左右されやすいんですね、私(^^;)

 


このカーブについて、

1周したらアドバイスくれて・・・また1周したらアドバイスくれて・・・・・・

という感じで、10周くらいはしたかなぁ??

 


アドバイス内容はいろいろでしたが

 

上体が逃げてるから、バイクの動きから逃げないように

とか

 

変に上体を動かさずに、バイクの上に力を抜いて座ってるだけでいいですよ

とか

 

ニーグリップが、膝とタンクの間が開いてるとまではいかなくても

しっかりグリップまでしましょう

とか

 

カーブに入る前に内側に入りすぎているので、後が膨らんでしまっている

とか

 

もう少し減速してみましょう

とか



もちろん目線のこと、姿勢のこと・・・・・・

 

 

本当にきめ細かくアドバイスくれました(>人<。)

 

 

 

 

で、少しマシになってきたところで、

 

「今度はスラロームでハンドルを切る練習をしましょう

 はじめは1速でもいいので、行けそうだなと思ったら2速に入れて。

 無理はしなくていいですからね」

 

 

なんて優しい(ノд`。)



 

 

 

スラロームだと自然にハンドルは切れているし、

むしろその時の方が姿勢も良いし力も抜けているから

 

本当はできるんだろうけど、恐怖心がある時には

肩や腕に力が入ってしまってるんですね。

 

少しは、怖さはなくなってきましたか?

 

怖いと力が入ってしまうし、

怖い気持ちのまま無理にやることで転倒とかしてしまうと

余計に怖くなってしまいますからね。


とにかく少しずつ怖さを克服していくのがいいと思います。

 

 

 

と、こんな感じで本当にこちらの気持ちに寄り添って

今回もきめ細かく指導して頂きました。

 

ナニコレすごい安心感・・・・・・(*´д`*)

 

 


 

 

最初から「怖いです」「苦手です」って自分から

ハッキリ伝えておいたのも良かったのかもしれないなー、と思います。

 

遠慮せず何でも先生に言えてしまうあたり、

6年前の普通二輪免許の教習の時と比べて

オバちゃんになって図太くなったからやな・・・・・・と思います(^^;)

 

気付けば教習後に先生達に「普段はバイク乗ってるんですか?」とか

聞いて雑談してるのも私だけ・・・

 

我ながら、なんかほんま図々しくなったもんだなぁ~と思います(笑)

 

 


 

 

 

 

細かいことは忘れましたが、

この時間はこんな感じで終わりました。

 

 

書いてて思ったんですが、

嫁の大型教習、終わる日が来るんだろうか・・・・・・???

 

永遠にこのままのレベルな気がします(^^;)

 

 

教習楽しいからいいけど・・・・・・。

 

 

 

 

教習7時限目の記録はまた次回に(´・_・`)

 

 

 

 




よかったらクリックして応援してください(*^^*)

 

「バイク屋・バイク販売」っていうカテゴリでは

いつの間にか1位になってました(笑)

カテゴリ登録数が少ないからっていうだけなんですが・・・


 


 

 

 

次の記事へ                            前の記事へ


 

 

当店ブログ一覧へ

当店Facebookページへ

当店ホームページのトップへ 

 

 

 

よろしければ、「いいね!」やコメントお願いします^^↓↓↓


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    GROM辻 (金曜日, 18 9月 2015 17:44)

    >もう少し減速してみましょう

    カッコええやんけ、ツッコミ重視のコーナリングwww

    >なんでもない外周ですがココだけはうまく曲がれずに膨らむんですが
    >カーブに入る前に内側に入りすぎているので、後が膨らんでしまっている

    大体わかりましたw
    たぶんですが、スピードが速すぎるのと曲がり始めが早すぎるのだと思います。
    えっと・・・

    「バイクというものは曲がりません」

    はい、四輪車、特にFF車と比べるとバイクは悲劇的に曲がりません。
    峠でバイクの後を煽る・・・いえ、ついて行くと、ストレートでは逆立ちしてもかなわない加速なのに、信じられないほど手前でブレーキングをして、結構遅い速度で曲がりはります。
    これが四輪車だと、コーナー奥までブレーキを残して、そこから一気に鼻先を内側に向けることが可能で、最悪、バイクにはマネのできないドリフトという手もあります。

    ですから、この「基本、曲がらないバイク」を曲げるにはそれ相応の儀式をやらなければなりません。
    コーナーが見えてくると、「曲がらなかったらどうしよう」と思って、どうしても早めの準備じゃないですけど、早め早めに曲がろうとしますよね。
    そうすると実は車体はコーナー内側に入り込んでしまって、出口でさらに曲げるためになんとかしないとダメってことになります。
    まあこれは「インベタ」ということで、そりゃあできれば一番速いわけですが、まあできません。

    コーナーに差しかかったら、自分では、「ここで曲がり始める」と思っているポイントから一呼吸遅らせてみましょう。
    最初はガードレールが迫ってきて一刻も早くハンドルを切りたくなると思いますが、ここは我慢のしどころです。
    一呼吸遅らせたら、こんどは首をコーナー出口にぐるっと向けて一気に車体を曲げます。
    いつまでもガードレールを見てたらバイクは一直線にガードレールに向かいます ((((;゚Д゚))))

    もちろん、コーナー入り口で「タメ」を作っても、その後安全に曲がれるくらいの速度まで十二分に減速しておくこと、これが一番重要です。

    http://bike.hirosato.net/39/253/000365.php
    http://bikelabo.com/turn_tips

    >はじめは1速でもいいので、行けそうだなと思ったら2速に入れて。無理はしなくていいですからね

    よう言うてくれるわwww
    スラロームは実は1速より2速のほうが簡単です。
    なんでかというと、1速のほうがアクセルオンオフの時のトルク変動が大きくて車体が暴れるからです。

    私は教官に「スラロームは1速だ、2速以上は厳禁」と言い渡されて、まるでロデオのようにナナハンの乗りました。
    でも教官は全然良いとも悪いとも言わずにじっと見てるだけ。
    疲れてミスしてパイロンなぎ倒したりしてもなーんも言いません。
    四苦八苦してどうにかこうにか1速でスラロームをクリアできるようになったところで、教官は「はい、じゃあ今度は2速でやってみて」だって。

    ウソみたいに簡単に速く抜けれるやん (゚д゚)!

    要するに、やつは私の弱点である「アクセルワークがド下手」というのを見抜いて、わざとトルク変動で暴れまくる1速でスラロームをやらせた、というわけです。

    あとなんやったっけ・・・ニーグリップw
    ニーグリップなんかバイク乗るには要りまへん、そんなんしてたら曲がらへんしw
    あ、でも教習所の中ではお股を開くと「コラっ、女の子やのにはしたない!!」って怒られるから、これはまたこんどっていうことでwww

  • #2

    ジョン (土曜日, 19 9月 2015 16:12)

    >コーナーに差しかかったら、自分では、「ここで曲がり始める」と思っているポイントから一呼吸遅らせてみましょう。

    確かにみんな、はじめは外側から曲がりはじめて、
    うまいことカーブの内側に沿って曲がってる気がしますね~!

    教習中もいまいち感覚がつかめなかったのですが
    やってみます~!

    スラロームの1速については、
    2速でスピードがある方が私が怖がるだろうとのことだと思います(^^)

    実際問題、1速なら怖くなかったんですけど、
    2速だとちょっとスピードに身体が追いつかない感じで怖さがあります(笑)
    反射神経とかがなく、超『どんくさい』タイプなのでね・・・(´o`;)


    ニーグリップも意識するだけで上半身の力が抜けて安定する感じがありました(^^)
    もっと上のレベルにいくとニーグリップは必要なくなるのですね!!!

    バイクは奥が深くておもしろいですね(≧▽≦)