嫁の大型バイク教習~その4・後編~気持ちよく曲がりたい・・・



 

教習4時限目の、続きでーす(^^;)

 

復習も兼ねて・・・


でもこんなに事細かに書けるほど覚えてるなんて、

エライでしょ?(´▽`*)笑

 

しっかり頭に入れてがんばります。

身体で覚えるってのができないので・・・^^;


 

前半では、

『バイクを傾けるってどうやるのか?』

ということを細かく教えてもらいました。


なんとなく分かったところで、また先生の後をついて

走ってみます~

 

「ハンドルを曲げに行くんじゃなくて、

バイクを傾けたら自然とハンドルが曲がってくる感覚を

つかんでくださいね~」(先生)

 

 

 

コースを走るだけでなくて、先生に倣って

 

くねーくねーくねーくねーくねーくねー

 

としてみたり。(もう若干びびってる)

 

 

 

そこで嫁は気がつきました・・・。

 

 

 

 

 

バイク傾ける

 ↓

ハンドルが曲がろうとする(←なんとなく感じ取れた)

 ↓

その、曲がろうとしているハンドルを・・・

 

 なんと!


 

 

  自分の腕の力で!!

 

 

 

 

  “わざわざ” 

 



 

  押し戻している( ̄□ ̄;)

 

 

 

 

 

その結果、曲がれない。膨らむ。ギクシャクしている。

 

ということに・・・・・・。

 

 

 

 

 

『せ、先生・・・!

 

 わたし、曲がろうとするハンドルをわざわざ押し戻してます・・・・・・!!』

 

 

 

 


自覚してるなら。やめろよってトコロだと思うのですが(笑)

 

恐怖心から身体が固くなってしまって、

どうしてもこうなっちゃうんですよ~(^^:)

 

信じられますか!?笑 

 

 

 

 

 

それで次に先生の指示でやったのは

 

 

【曲がろうとするハンドルを、腕で押し戻さないための練習・・・?】

 

・いっそ、左手をハンドルから離した状態で走ってみましょーと(^^;)

 左手がハンドルから離れていれば、左折時にハンドルを押しもどしちゃうことも

 ないでしょ~~ってことだと思うのですが・・・・・・

→→→片手運転ってだけでめっさ怖いので、

   今度は右手にグググッ・・・とめっっちゃ力が入るだけでした(_ _;)

         あぁ~~怖かった(;_;)

 

・結局はもう一度ハンドルに両手を置きまして・・・・・・

→→→どうしても恐怖心と身体に染み付いたクセは抜けないけど、

   自覚しただけでも進歩なんじゃないかと。 

 

 

こんな感じで、

先生の後をついて、くねくねしてみたりしながら

何度か走ってみました。

 

 

 

『テーマは、気持ちよく曲がる!!です』(先生)

 

 

 

うんうん。


私も、気持ちよく曲がりたいと常々思っております(;_;)






 

結局この時間は、これ以上の進歩はあまり無いまま、これでおしまい。

 

 


 

 

 

 

 

どうでしょう?

 

この、嫁の二輪運転のセンスの無さ(´▽`;)笑

 

 


無いものをねだっても仕方がないので、

 

こうやって教習でじっくり教えてもらって問題点を自覚して、

 

ゆっくり確実に克服できたらいいな~と思います(*^^*)

 

 



 

この日は2時間続けて乗ったので、教習5時限目に続きま~す(≧_≦)

 

 

 


 


おかげさまでランキング、ちょっと上がった~

よかったらクリックして応援してください(*^^*)


私はよくここから女性ライダーさんのブログとか

いろいろ覗いてま~す l_・)チラ




 

次の記事へ                            前の記事へ


 

 

当店ブログ一覧へ

当店Facebookページへ

当店ホームページのトップへ 

 

 

 

よろしければ、「いいね!」やコメントお願いします^^↓↓↓

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    kandoku (月曜日, 14 9月 2015 13:03)

    新しいバイクに馴れるには距離と時間を掛けるのが一番と息子にも言い聞かせてオヤジ面してますが、兎にも角にもUターンと一本橋が大だ~いの苦手。
    Uターンしなくて済むコースを常に考えているヘタレです。
    大型免許も比較的簡単に取れると云われる某うどん県の教習所で合宿、五泊6日てした。
    フリー走行の殆ど一本橋にしましたが規定時間クリアは1割未満。
    運動神経無い上に加齢による体力低下、10年前は400キロの日帰りツーの後仕事してたのに、今では半日ボーっとしないと回復しない(*´ω`*)

    ストップ&ゴーの少ない田舎道を数時間走れば、自然と体が覚える事もあるかも。
    親身になって教えてくれる教習所で良いですね。

  • #2

    エース嫁 (月曜日, 14 9月 2015 13:23)

    kandokuさま

    はじめまして。コメントありがとうございます(*^^*)
    ブログ村登録したてなので嬉しいです~。

    “距離と時間を掛けるのが一番”そうですよね。
    自分のペースで行くしかないかなぁと思います。
    Uターンなんて恐ろしいこと、するぐらいなら、
    しなくて住む方法を考える・・・それもアリですよね!

    >ストップ&ゴーの少ない田舎道を数時間走れば、自然と体が覚える事もあるかも。
    おっしゃる通りですね!
    近くは交通量の多い道路ばかりなので不完全燃焼な感じになりますが、
    時間を見つけて走りやすい道で練習したいと思います(*^^*)

    >親身になって教えてくれる教習所で良いですね。
    本当にそう感じました!『怖がらないで』なんて一切言わずに、
    私が怖くなくなる練習方法は何かと、じっくり考えてくれたと思います。

  • #3

    GROM辻 (月曜日, 14 9月 2015 14:00)

    >『せ、先生・・・!わたし、曲がろうとするハンドルをわざわざ押し戻してます・・・・・・!!』

    すばらしいです、これに自分で気付くとは。
    「力を入れるな」って言われてもそりゃあ入ってしまいます。
    二輪車はほっといたら倒れてしまうわけで、それがまっすぐ走っていること自体が不思議なんですよね。
    そんな危ないもんに乗るわけですから、そりゃあ大いに緊張したらよろしい。

    まあそうも言ってられないので曲がり方なんですけどw

    1. まず行きたい方を見てください。目だけじゃなくて首を回してぐいっと見てください。
    2. そうすると自然と体が傾きます。同時にバイクも傾いています。
    3. バイクが傾いたらハンドルは自然と切れます(セルフステア)。

    とその時、魔法がかかります。
    バイクの内側のグリップがなんと卵になります。
    強く握ったら潰れてしまいますよ、でも手を離したら地面に落ちちゃう。
    ふんわりと卵を握ると同時にすこ~し肘を体につけるようにしてみましょう。
    その時体のどこにつけるかというと、肋骨の一番下あたりです。
    ガツンと引くのではなく、ゆっくり肘をひいて体につくかつかないかぐらいにとどめましょう。
    意識を向けるのは手ではなく肘に向けるようにしてみましょう。

    どうですか?バイクはふあ~っと曲がったと思います。

    え?

    できひん?

    う~ん・・・

    しゃあないなあ・・・

    ええか、バイクのグリップはな、

    カーブに差し掛かるとうんこに変わるねん。

    ジョン、うんこ握りしめて曲がるつもりかいな、ええ?

  • #4

    ジョン (月曜日, 14 9月 2015 14:46)

    GROM辻さま

    >すばらしいです、これに自分で気付くとは。
    ありがとうございます(´▽`*)
    そうですよね!?気付くことが成長への一歩ですよねぇ(><)

    なるほど・・・
    魔法でグリップを、うん・・・いや卵に変えるんですね!
    これまで、卵を『グシャッ』とにぎり潰しながら運転してたと思います。
    一体、どれだけのの卵を無駄にしてきたのか・・・・・・(´・_・`)

    卵があかんかったらうんこ試してみます。

    ってレディにそんなこと言わせないでくださーい(; ̄з ̄)