嫁、バイクに乗る。~その7~


FacebookでもUPしましたが、

大型自動二輪免許の教習の申し込みをしてしまいました。


秋ごろには・・・と思っていたはずなのですが、

なんでしょう。バイク熱って急上昇しますよね?ね!?(笑)

 



何だか待ちきれなくなってしまったんですよ(* ̄з ̄)

 

 

 

しかし・・・・・・

 

6月は梅雨入りしたとはいえ雨の日が少なかったり、

けっこう涼しい日が多かったりしたのですが。

 

スケジュールの都合上、入校まであと1週間あります・・・・・・


 

そうこうしてる間に雨ばっかりになったり、

めっちゃ暑くなったりするんだろうなーーーーー(ーー;)

 

とても過酷な状況での教習所通いとなりそうです。

やっぱり時期を間違えたな。と今は強く思っています(笑)

 

 

まぁ、なんとかなるかな!?

ぼちぼち頑張って行きたいと思いまーーす(^o^;) 

 

 

 

 

 

教習の申し込み時に、いつもお世話になっている

教習所の営業さんと話していて、

 

『カーブや曲がり角では目線を曲がる先に持っていかないといけない』

というアドバイスいただきました。

 

よく聞く話ではあるんだけど、怖さもあって

実際はうまくいかないんだよなーーというところですが・・・・・

 

『目線をそちらにやるだけで、身体の重心がすでに移動しはじめる。

 さらに、そちらへ曲がるために身体に指令がいく。

 

 逆にいえば、目標とする場所に目線がいってないのに、

 目標へ曲がるための、身体への指令のしようがないですから』

 

特に後半のお言葉がストンと腑に落ちたので、

早速、夜の練習の時にやってみました~(^^)

 

 

 

確かに身体の使われ方が全然違いますーーー!!!


身体の使い方についてはほとんど『無意識』なんだけど

『変な力が入らずに』曲がれます!

 

今までの目線が、いかに近いところにあったか(ーーlll)

 

 

きっとこんなの、考えたことがなくても、

自然と上手に曲がっている方の方が多いんだと思いますが・・・

 

 

嫁はこーいうレベルからいちいちセンスないので、

頭も使いながら地道にやっていくしかありません(;_;)

 

 

 

もっと言うたら、

『腕の力を抜く』ことも、最近やっとできるようになってきたところです。

 

腕の力を抜くこともできていない時期だったら、

上記の目線のことまでは到底できなかったと思います。

 

 

腕の力を抜くことに関しては・・・・・・


腕が短いことが原因なんだと思いますが、

嫁の場合は、少し『前傾』を意識して、

腕がある程度曲がった状態を維持しないと。


伸びた状態だとすぐに余計な力が入ることがわかりました。

 

だから嫁の頭では『腕の力を抜くためには、前傾になること』

と頭の中でしっかり考えなていないと、それもまだまだ維持できません(笑)

 

 

 

根っから運動やら球技やら、全てにおいて本当にセンスがないので

ゆっくりペースになると思いますが・・・(涙)

今はこの歳になって新しいことに挑戦していることが楽しいです。

 

さらに言うと、バイクが好き というより、

『バイクに乗ってる自分が好き』なんじゃないか・・・

と思うときもあります(●´-`●)

 

 

 

 

皆さんもズバリ、そういうとこないですか!?(笑)

 

 

 

 

私だけでしょうか・・・・・・?

 

 

 

 

(byだいたひかる)

 

 

 

 

 

 

 

 


・・・・・!!!

 

 

ここでこのブログを終了するつもりでしたが、

ちょっと待ってください。

 

 

 

 

今、このブログをUPするにあたって

『嫁、バイクに乗る。~その●~』

そういえば、何番目になるんだったっけ?と思って、

過去のブログを見ていました。

 

 

ふんふん。今回は~その7~か。

 

意外とこのタイトルは最近は使っていなかったなぁ。

 

何だか懐かしいなぁ~。

 

お。過去のブログも、結構おもろいやん。

(石は投げないでください)

 

ふむふむふむ・・・・・・

 

と、遡って読んでいたところ・・・・・・

 

 

 

 

 

なんとまぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてバイクに乗り始めた時のブログから、

 

今日で丸1年だったことが分かりました。

 

 

 

 

1周年おめでとう、私・・・・・・

 

 

 

 





 

←Facebookなど何もやっていない方も♪

匿名でどなたでもお気軽に押してもらえます(^з^)


ぜひ1周年を祝ってください(笑)



 

次の記事へ                            前の記事へ

 

 

当店ブログ一覧へ

当店Facebookページへ

 

 

よろしければ、「いいね!」やコメントお願いします^^↓↓↓


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    GROM辻 (水曜日, 24 6月 2015 13:39)

    >『カーブや曲がり角では目線を曲がる先に持っていかないといけない』

    そやねん・・・
    私もクランクで植え込みに突っ込んだ時や、スラロームでパイロンをなぎ倒しながら走った時、「パイロンを見るな、見るとパイロンに当たる。」って言われました。

    まあそやねんけど・・・写真の場合は「今までの目線」でええと思います(笑)
    だって公道やし。なにが出てくるかわかりません。
    もうちょっと言うと、ブレーキングまでは「今までの目線」で、ブレーキをリリースして一気に車体を倒すときに「うまくいった目線」に視点を変える、というかなんというか・・・ようわからん。
    ショップに出入りしている手練の先輩方に聞いてみてください。

    >『腕の力を抜くためには、前傾になること』

    ジョン、ええ手があるで・・・
    それは藤井さんに頼んでCB400SFをセパハンにしてバックステップをつける、つまりカフェレーサー仕様にするこっちゃ。
    あの扱いやすいバーハンやから腕で曲げようとするわけや。
    セパハンのバイクに乗ってみ、そらもうぜんぜん曲がりまへん(笑)
    ここで諸先輩方がコーナーのたびに、お尻をクイックイッと振ったり膝を大きく開いたりする理由がわかってきます。

    >バイクが好き というより、『バイクに乗ってる自分が好き』

    そうやで(笑)
    クソ暑いのに、クソ寒いのに、雨で濡れるのに、風で流されるのに、こけたら大けがやのに、警察に目つけられるのに、四輪に嫌われるのに・・・
    なんでバイクなんかに乗るのでしょう?
    そ・れ・は・・・

    「バイクに乗ってるワシ、めっさカッコええ!!」・・・と思うからやで(笑)

    そやけどこないだゴールデンウィークに、めんどくさいし近いから、部屋着の作務衣のままでGROMに乗ってTSUTAYAに行った時です。

    玄関先でオカンが言った言葉、

    「お寺のあほぼんがお父ちゃんに言われてイヤイヤ檀家周りしとるみたいやな」

    超具体的なディスり、ありがとうございました (T_T)

  • #2

    ジョン (木曜日, 25 6月 2015 00:43)

    GROM辻様
    コメントありがとうございます。
    確かに遠くばかりを見ているのも危険ではありますよね。
    なにが出てくるかわかりません。

    >ブレーキングまでは「今までの目線」で、ブレーキをリリースして一気に車体を倒すときに「うまくいった目線」に視点を変える

    これもとても腑に落ちました、参考にさせて下さい。

    >セパハン
    まずこれは、見た目は多少は分かっていたのですが・・・ググりました(笑)
    確かにこれはハンドル操作どーこーは期待できなさそうです。
    「バイクはハンドルを持たなくても体重移動だけで曲がれる」
    それを実践するしかなくなる訳ですね。

    >『バイクに乗ってる自分が好き』
    よかった、お仲間がいて(´∀`*)
    というかバイク乗りの大半はこれに当てはまると思っているんですが。
    夫に聞いたら「いや俺は純粋にバイクの運転が楽しいけどな~」
    と言ってましたが、絶対うそです(笑)

    すみません、ちなみに無知すぎて「作務衣」検索しましたが(笑)
    オカンさま、表現が絶妙です。
    そんなツッコミがもらえるなんて素敵ですね♪笑