最近のエース♪カスタム修理編 2015/05/09

どーもあっつんです。

 

GWは家族で嫁さんの実家のある、静岡県沼津市に行ってきました。


到着してから、嫁さんと下二人が体調を崩し、

僕が明石に戻ってから体調を崩したりと大変でしたが、笑

久しぶりのじいじ・ばあばとの再会やカニ取りなど楽しんできました。

嫁さん実家の周りは自然がいっぱいです。





GWがお休みの方もそうでない方もいらっしゃったと思いますが、

皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?


梅雨が来るまでにたくさんバイクに乗っておきたいところですね!




それでは、最近のエース♪~20150509~をお送りします。

 

 

↓↓↓

 

 

 


S様にCB1100をご購入いただきましたー。

 

当店の古くからのお客様でいつもツーリングにご参加いただいているのですが、

今回は納車日がツーリング前日・・・^^;

 

それでも納車後すぐにご自身でオプションも取付られ、

慣らし運転も兼ねてツーリングに無事ご参加いただきました。

 ツーリング途中で少し車両トラブルがあった際は、一部メンバーの先導をお願いさせてもらうなど、毎度ながら大変お世話になっておりますm(_ _)m

S様、いつも本当にありがとうございます。

 

 

  


T様のNC750Xの定期点検~。

 

オリジナルのカスタムが進行中で、ヘッドライトはプロジェクターになっていました。

夜間に見せて頂きましたが、かなり明るく軸もばっちり出ているようでした。

難しい加工を見事成功させていらっしゃって、スゴイです!


T様、いつもありがとうございます。

 

  


Y様の400XにGIVIのトランク&専用フィッティング取り付け~。


さすが、専用フィッティングといった感じで、

ばっちり取り付けできました。

Y様、この度はありがとうございました!



 

  


前回の最近のエースでもご紹介しておりましたが、

カスタム編として再度ご紹介させていただきます。

 

新型PCXにスポーツグリップヒーターの取り付け~。

F様の125とS様の150に取り付けさせていただきました。

 

メーカーの標準オプションには設定がありませんでしたが、

特に加工も必要なくばっちり取り付けでます。

 

 

 

 

 

  


新型になってからスロットルワイヤーが引き&戻しの2本引きになっています。

 

上の写真で、左が純正で右がスポーツグリップヒーターですが、

巻き取り径が少し大きいので若干のハイスロになります。

遊びの調整は必要となりますが、加工は全く必要なく取り付けが可能です。

 

消費電力は純正OPの半周巻きに比べて大きくなりますが、

 Gヒーター使用時のアイドリングの充電電圧も問題なく、

他に消費電力の大きい電装部品を取り付けることがなければ問題ないと思います。

 

従来のグリップヒーターの全周巻きがメーカー生産終了となっているので、

より暖かいグリップヒーターをお求めのお客様にはお勧めです。

(メーカーOP設定がない製品ですので、保証の対象外になります。)

 

F様、S様この度はありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

  



続いて、こちらも前回の最近のエースでご紹介していた

N様にご購入いただいたCB400SFです。

 

今回取付させて頂いたトップボックスは、HONDA純正ワンキーシステムとなっており、

車両のキーでボックスの開閉ができるという優れものです。

 

その仕組みは車両のキー溝に合わせて、

タンブラというプレートを組み合わせてキーシリンダーを作るのですが、

この小さなパーツの組み合わせがまた大変なんです^^;

 

直径1mm以下のスプリングなんて、すぐにどこかへ行ってしまいそうなので、

組み付け時には慎重に慎重を重ねて作業をします。

 

ワンキーボックスはとても便利でキーが少なくて済むのがいいですね♪

かなり多くの車種に取付用ベースが設定されていますので、

気になる方はご相談くださいね。

 

N様、この度はありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  



続いてT様のグロムのカスタム~。

 

今回は発売されたばかりのGクラフトのダウンチューブと、

オーバーレーシングのスライダー、

デイトナのヘルメットロックを取付させていただきました。

 

ダウンチューブは見た目向上もさることながら、車体の剛性アップ!

スライダーは各メーカーから色々出ていますが、オーバー製は造りも精度も非常に良く、

削り出しのベースなんで保安パーツの域を超えていますね!

そして、グロムにはヘルメットロックがないので、

デイトナのヘルメットロックはお値段も安く、オススメです。

取付位置はあまり目立たないよう、レバーホルダー横に取り付けさせていただきました。

 

T様、いつも本当にありがとうございます。

夏にはマフラーですかね?^^


 

 

  


続いて、K様のCBR400Rのミラー&ウインカーカスタム!

 

昨年末にウインカーミラーにカスタムしたい!とご相談いただき、

当初は海外のFARというメーカーのLEDウインカーミラーを取り付けしようと考えていましたが、

納期が1月かな・・・?、2月以降になる?!。。。3月は無理っぽい・・・?!?!と延びていき、

ついにGW以降の納品になるかも・・・・。と言われてしまいました。

さすがに、これ以上は待てない!となり、CBR1000RRの純正ミラーを取り付けることに。

 

当初から加工は必須と考えておりましたが、実際はかなり大変な作業となりました。

ステー取り付け部をボルトナット取り付けに変更加工。

取り付けボルトの取付ピッチ違いによる長穴加工。

ミラー本体のスタッドボルト撤去&ザグリ加工。などなど。

 

自分だけでは、どうしようもない箇所は、

学生時代の後輩が母校の工場の先生をしているので、

そちらにお願いしたり・・・。

 

 

 

 

  


そして、なんとか取り付けした完成形がコチラ!

 

ミドルカウルの純正ウインカーが付いていた箇所には、

ホットボディーズという海外メーカーの埋め込みLEDウインカーを取り付け。

ミラーウインカーの前方からの視認性と横からの視認性もアップしております。

 

リア側のウインカーはデイトナのLEDブリリアントウインカーに交換。

以前N様のグロムにも取り付けさせていただいた人気の商品です。

 

ウインカーリレーはPOSH製のものを取り付けしました。

 

改善点は少しあるものの、なんとかK様のツーリング予定に間に合わすことができ、

本当に良かったです。

K様、この度はありがとうございました!

 

 

 


続いて、当店のツーリングメンバーのK様のCB1300SB<ABS>の追加カスタム~。

 

K様のCB1300SBにはこれまで、

オーリンズのフロントフォークの取り付けや、

フロントキャリパーをブレンボ製に交換、

ブレーキ&クラッチマスターをブレンボに、

ホイールはゲイルスピード、

ステップはBABYFACE、など

様々なカスタムをさせていただきました。

 

今回はリアキャリパーをブレンボ製に、

サポートはウィリー製、

ブレーキホースをメッシュホースに、

ミラーをマジカルレーシングのカーボンミラーに変更というご依頼を頂戴しました。

 

 

 

 


取り付けはスムーズにでき、採寸したブレーキホースの長さもピッタリでした。

 

キャリパー交換と同時にマスターのサイズも変更。

ブレンボのリア用削り出しキャリパーはマスターサイズ13mmが適正とのことで、

純正のマスターではパッドを押し切れていなかったのか制動力が弱かったのですが、

マスターを交換することで、改善されました。


K様、いつもありがとうございます。

次はシートのカスタムですかね~(*^^*)

 

 

 


続いてはT口様のVFR800Fのタイヤ交換&トラブル修理~。


後タイヤをミシュランのパイロットロード2に交換。

タイヤの業者さんがかなり安く卸してくれたので、お安くできました。

純正タイヤは約11000kmで中央にスリップサインが出ていました。

通勤にご使用なので、どうしても真ん中が減っていくんですよね。



このタイヤ交換ののちに、トラブルが・・・・。


 

 


タイヤ交換の2~3日後にいきなりエンスト&再始動不可というトラブル発生。


原因はヒューズ切れだったのですが、しばらく走ると再発・・・。

配線図とにらめっこし、関連のある場所を調べるも特に異常なし。


ある程度距離を走ると症状が出ていたので、電装系の熱暴走か?!と考え、

ECU他色々なパーツを交換し、テスト走行するも50kmくらい走ると再発・・・。


残りはメインハーネスか?!となり、常連さんと配線図を見ていたら、

常連さんの一人が「このカプラーってどこにあるん?」と・・・。


そのカプラーは電装部品でありませんが、

故障原因となっていた黒/白のハーネスを分岐させている箇所でした。


電装部品ではないので、サービスマニュアル等にも載ってなく場所を探すのが大変でしたが、

パーツリストのイラストからこの辺かな?と場所を特定し、

調べてみると・・・・。


 

 

 




「被覆が破れとるー( ̄□ ̄;)」

 

 

 黒/白ハーネスのジョイント部で、ちょうどビニールテープ等の保護がない箇所が、

走行中の振動でシートフレームの突起に当たっていたようで、徐々に被覆が破れていき、

あるタイミングでフレームとショートし、ヒューズが切れていたようでした。


原因はここで間違いないと思いましたが、

とりあえず、対策として配線の保護とジョイント部をブーツで覆い、再度走行テスト。


60kmくらい走っても問題ないことを確認し、一安心。


お引渡し後の通勤及び先日のツーリングも問題なく走ることができていたので、

ここが原因で間違いないと思います。


T様、この度は御迷惑をお掛けして本当に申し訳ございませんでしたー(><)



おそらくメーカーから何らかの対策が出てくると思いますが、

当ブログをお読みのVFR800F乗りの方がいらっしゃれば、

ハーネスとシートフレームの間にスポンジ等を入れておくだけでも予防になると思います。

(栃木のT様も是非対策しておいてくださいね。)





 

いつもながらに長くなってしまいましたが、

次回の最近のエースもお楽しみに~。






 

次の記事へ                            前の記事へ

 

 

当店ブログ一覧へ

当店Facebookページへ

 

 

よろしければ、「いいね!」やコメントお願いします^^↓↓↓

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    GROM辻 (土曜日, 09 5月 2015 14:28)

    栃木のTでございます。
    VFR800Fのハーネスとシートフレーム突起の干渉の件に関してご報告します。
    結論から言うと干渉はありませんでした。
    まず、ハーネスはジョイント部分を含めてこれでもかというくらいにテーピングがされており、さらに配線はフレームから離されてもっと車体中央側を通っています。
    加えて、原因となっているシートフレームの突起というものがそもそもありません。
    該当の突起部分の、写真左横や上に写っている丸い部分と同様に、面一ではありませんが、フレームと段差が少ない加工処理になっています。
    ロット違いなのか、不具合対策がなされたものなのかは不明ですが、私の個体(2014年11月納車)は問題ありませんでした。

    GROMのダウンチューブですが、これを装着することによってコーナリング時の車体のたわみが軽減され、体感的にも車体剛性が上がったことがはっきりと実感できます。

    ・・・というのはもちろん気のせいですwww

    古くはDax、CD50、50S/SSと連なるカブ系エンジンとバックボーンフレームの組み合わせは名車が多いのですが、私が高校生の時からぼんやりと思っていた気に入らない点、それは・・・

    「なんかエンジン周りがスカスカで不安ですやん・・・」

    これはそう思う人が多かったのか、Daxの時代からダウンチューブは結構市場に出回っていました。
    今回GROMを買った時も「アレ出ないかなあ」と思っていたところでした。
    スライダーは単なるアクセサリーです、活躍しないことを切に祈っております。
    というわけで、今回最も重宝したもの、それはヘルメットホルダー(笑)

    「GROMを栃木に持ってくればいいのに」と、宇都宮の営業は言ってくれます。
    その意味は良くわかるのですが、それはしないでおこうと思います。
    理由はもちろん明石に帰省した時の足が無くなって困るのが大きいのですが、それより何より師匠のお言葉がすべてを物語っています。

    「原二は麻薬」

    軽くて取り回しが楽・燃費がいい・駅前の駐輪場に気兼ねなく停めれる・それでいてパワーは十分交通に乗れる、いや時にはリードできる、等々。
    そうです、原二と大型の二台持ちになったが最後、同時に所有している大型がホコリを被るハメになるんですねwww

  • #2

    エース (日曜日, 10 5月 2015 19:39)

    辻様→
    コメントありがとうございます。

    今回のT様のVFRもハーネスとシートフレームは直接干渉はしていませんでした。
    しかし、走行中の振動で接触するようで、徐々に被覆が破れていったのだと思います。
    むしろ常にフレームに当たっていれば今回のようなトラブルは起きなかったと思います。

    シートフレームの突起はおそらく成型上のものかと思われるのですが、
    ロット違い等があるのでしょうかねぇ。

    今後のメーカーからの報告を待ちたいと思います。

    横型エンジンはたしかにエンジン周りが少し寂しいですね。
    特にグロムはシュラウド等タンク周りはややマッチョなので、
    今回のダウンチューブやアンダーカウル等も似合いますね。

    >「原二は麻薬」
    >原二と大型の二台持ちになったが最後、同時に所有している大型がホコリを被るハメになるんですねwww

    通勤&買い物に原二、ツーリングは大型が所有できれば理想的ですが、
    確かに原二ばっかり乗ることになりそうですね。笑

    我が家のCBもなんやかんやでホコリをかぶってます・・・。苦笑