嫁、バイクにのる。~その1~

こんにちは。

ウイングショップエースの嫁です。

 

このたび、バイクの練習はじめました。

 

私ですが、たまに当店のブログやFacebookを書かせてもらったりもしています。 

 

 

昔から、運動は苦手です。

とくに、走るのと、球技のセンスの無さはピカイチです。

でも意外と卓球は強かったんですよ。あ、遊びでやる程度のやつですが・・・

ちなみに、中・高は、吹奏楽部でした。 

 

こんな私がバイクに乗ることになるなんて。

人生なにが起こるかわかりません(><)

 

 

 

私が普通自動二輪の免許を取ったのは、4年ほど前です。

 

とりあえず、バイク屋の嫁やねんから、免許は要るやろう~ってことで。

当時1歳だった長女を、教習所の託児に入れながら・・・、

なんとか、かんとか、免許、取るだけは取りました。

 

車の方も、MTが乗れるように、限定解除しました。

 

 

長女が2歳になる頃に保育園に入れて、お店を手伝うようになりました。

しかしその後、長男、次女を出産して、そのたびにお休みさせて頂いたりと・・・

 

乗ってみたいけど、乗るヒマもないよね~~。

という理由(言い訳)もあって、現在に至りましたが

末っ子ももうすぐ2歳、そろそろ言い訳も通用しなくなってきたようです。

 

 

 

 

そんなこんなで・・・

たまたま今、お店にあるMTの125ccが練習には良いだろうってことで、

時間があったので、半ば強制的に・・・?練習することになりました。

 

いや、いつかはまた乗ってみたいと私も思っていたんです。

でも、どきどきです。

 

 

 

まず『ブレーキ握ってみて』と言われたので、

左のレバーを握ってみました。

『それはクラッチ。』

・・・・・

そうかそうか、じゃ、左のこのレバーはブレーキじゃないんだ。

え?それなら後輪のブレーキってどこにあったっけ?

確か足だったけど、右か左かどちら??

あ、左はギアちぇんじみたいなのをするから・・・

わかった、右!!

 

っていうレベルからスタートしました。

すみません・・・バイク屋のブログでは放送禁止な感じになってしまいました。

 

 

 

 

とりあえずは、車どおりの少ないところをひたすらぐるぐるとしました。

 

超ビビりなので、走り出すのが怖いです(;;)

まだ、感覚が掴みきれず、何度もエンストします。

 

走り始めてしまえば、まぁまぁ怖くないです。

 

信号待ちで、後ろで他の車が待ってたりすると、

もう青になる瞬間が、まったくダメです。

エンストしたら、迷惑かける・・・!

っていうか、ダサすぎる・・・・!!!

 

って思ったらだいたいエンストしてます。

 

あたふたしている間に、後ろにいた車はすぐに私を避けて行ってくれます・・・

 

 

ウインカーの場所にも迷いました。

何もないのに、プッとクラクション鳴らしてしまったりね・・・。

 

 

なぜか夫は普段は穏やかで優しいのに、この時ばかりはスパルタで

『はい、次はメイカン(明姫幹線)いってみよ~』と。

とりあえず、走りだしでエンストしなくなるまではもうちょっと待ってください。

 

 

 

こんなかんじですが、また250ccくらいに乗れるようになるでしょうか??

 

 

 

 

信号待ちです。

このあと、エンストします。

 

 

 

 

 

 

 

今後の嫁にご期待ください・・・

次回へ続く。(たぶん)

 

 

 

←次の記事へ                           前の記事へ→

 

 

 

 

当店ブログ一覧

当店Facebookページ

 

 

よろしければ、「いいね!」やコメントお願いします^^↓↓↓

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    渕辺〜 (水曜日, 25 6月 2014 04:11)

    頑張って!僕もATの解除してもうすぐ1年、乗り出して半年でやっとエンストなくなりました。良いコーチ陣に囲まれてるので大丈夫でしょ!うちの嫁にも乗ってもらいたいので、読んでもらお〜。(^O^)

  • #2

    エース嫁 (水曜日, 25 6月 2014 10:10)

    渕辺様
    奥様と一緒に乗れるようになったら素敵ですね♪
    そうですよね。初めからまったくエンストなしで乗れるわけがないですよね(><)
    良いコーチ陣は、私のような初心者は次元が違いすぎてコメントのしようが無いようです(笑)
    とにかく練習あるのみかなと思って頑張ります☆
    励みになるコメントありがとうございました!