カスタム事例~GROM・ハンドル交換編~

今回は本格的な装備にカスタムベースとしても大人気の125ccミッションのGROM

社外ハンドル&シート&ウインカーを取付させていただいたのでご報告させていただきます。

 

実は今回のカスタム依頼を受けた当初は

「ほんまに大丈夫かな~?」

「ポジションめっちゃきつくならへんかな~?」

「ハンドル切った時に、他に干渉しないかな~?」

と心配しておりました。

 

 

 

それは何故かと言うと・・・・

 

まずグロムの純正のハンドルは下の写真のように

結構アップ&ワイドになっています。

 

 


 

そして取付依頼を頂戴したハンドルは

<ハリケーン>のコンドルというハンドルで、

純正ハンドルと比べて高さ、幅、絞りも大きく違っていたからです。

 

 

 

今回こちらのハンドルへ交換するにあたり

タンクシュラウドへの干渉、ブレーキホース・クラッチワイヤーの取り回しが懸念されました。

 

とはいっても、お客様のご要望です!!

 

なんとか頑張らせてもらいますよ^-^v

 

 

 と い う こ と で

 

 

 

 

 

 

 

いきなりですが(笑)完成後の写真がこちらです↓

 


 

やはりブレーキホースとクラッチケーブルの取り回しが問題になりましたが、

クラッチケーブルはケーブルを通す位置を変更し、

ブレーキホースは取り出し部の角度を変え、再度エアー抜きをして取付ました。

 

クラッチケーブル及びブレーキホースそれぞれピッタリというワケにはいきませんでしたが、

機能的には問題ないよう取り回し変更しております。

今後はブレーキホースをサイズオーダーでタッチのよいメッシュホースへの

変更をオススメしており、そちらも検討中です。

 

 

 


 

 

上記のハンドル以外に、

前後ウインカーをタケガワのストリームラインウインカーに変更及び

シートをアルカディアのノイワットダン カスタムシートに変更しました。

 


 

 

で、肝心の試乗後の僕の感想は・・・

 

 

 

 

「なにコレ?!別物のバイクやん!

やっべぇ~(*´▽`*)楽しい~♪」でした^^

 

 

なんで?!?!

 

と思われるかもしれませんが、

ハンドルが下がっても、カスタムシートのおしりが当たる部分が盛り上がっていることにより

おしりの位置がしっかり固定されることによって乗車姿勢が安定し、

そうすることでバイクとの一体感がぐ~んと増したことによると思います。

 

この感想はオーナー様も同じように思っていただいたようで、

次のカスタムの課題も全く僕と同じでした。笑

 

どうしてもこのポジションだとノーマルステップの位置では窮屈になるので、

バックステップが必須になります。

ですので、次のカスタムはブレーキホースとバックステップで決まり!とご賛同いただきました^^

 

 

Na様、本当にいつもありがとうございます!

まさか、ハンドル交換がこのような変化をもたらすとは思いませんでしたよね^^

今度もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

そして、最後に宣伝です。笑

 

 

こんなカスタムも楽しいグロムが本日(12/6)ようやく全色揃いました!!

ボーナスシーズンです!増税前です!

「いつ買うの?」「○○でしょ!」(古いですか・・・?^^;)

 

お待ちしております^-^v

 

 

※追記

12/8にグロム黄色が売約済となりました。Hi様、ありがとうございました!

 


←次の記事へ                                   前の記事へ→

 

 

当店のブログ一覧

 

当店のFacebookページへ(よろしければ「いいね!」お願いします^^)